• かなやま総合法律事務所(神戸市・神戸駅)

離婚問題の解決事例(2)子の引渡し・監護者指定に始まり、婚姻費用、離婚、慰謝料等トータルにサポートした事例


当事務所弁護士における解決事例をご紹介しています。

【事案の概要】

 夫婦関係が悪化し別居及び離婚の話し合いをしていたところ、配偶者が突然子を奪取してお子様が手元から数日間いなくなったとご相談にこられました。お子様が突然いなくなりとにかく混乱されたご様子でした。

【弁護士による事件処理】

 ご依頼をいただいた後弁護士がすぐさま家庭裁判所に「子の引渡し」手続の「仮処分」と「本案審判」の申立、及び、お子様を監護する権利がどちらの親にあるのかを決めて頂く「監護者指定」の「仮処分」と「本案審判」申立の手続を申立てを行いました。

 家庭裁判所において、相手方の子の奪取態様が違法であることの認定を受け、お子様をこちらの依頼者の方のお手元に取り戻すことができました。

 その後、こちらから離婚調停、婚姻費用分担調停を提起しまず婚姻費用の調停が成立し、婚姻費用は未払分を含め強制執行により回収することができました。  離婚については、当方が相手方の不貞行為の証拠により慰謝料を勝ち取り、慰謝料は全額回収しました。  また先行する監護者指定事件で監護権がこちらに指定されていたこともあり、離婚の際の親権者も当方となり、相手方からの養育費の支払も確保することができました。

 お子様の取戻しから、婚姻費用、離婚、慰謝料、養育費を確保でき、経済的にも精神的にも依頼者の方にご安心いただくことができました。

#解決事例

214回の閲覧0件のコメント